初めての自炊湯治【女性の一人旅にも】最高の『温泉癒しスポット』解説




現在、なかなか湯治に行く時間が取れず、大好きな宮城県の鳴子温泉への湯治欠乏症に悩まされております。

おっきなお風呂@okina_ofuroです。こんにちは!

さてさて、いよいよぼくがかねてから「最高の休暇」と感じていて、
古くからの温泉にある湯治場での「自炊湯治」を紹介させていただきます。

すぽんさ〜♨️

『自炊湯治』とはなんじゃらほい?

自炊湯治って??

今回紹介いたします、「自炊湯治」ですが

読んでそのまま、素泊まりの(食事の出ない)温泉旅館に長期滞在して普段溜まったココロカラダのつかれを温泉に浸かってゆっくり癒す行為のことをいいます。

昔は2週間や1ヶ月が湯治の定義だったようですが、現代ではイタリア人でも無い限りなかなか長期には休めません。

私は最低2泊3日。欲を言えば3泊4日の湯治をオススメします。
(もちろんもっと長くても良いです。)

2泊は1泊の2倍ではありません。
1泊だと夕方4時チェックイン朝10時チェックアウトとしたら18時間の滞在になりますが、2泊だと真ん中の一日が24時間まるまる自由になります。

移動疲れも何もない自由な1日を設けるのが必須だと私は考えます。
湯治は2泊3日から!!
私の最高記録は6泊です。まるで天国でした。

あまりイメージの良く無い「自炊湯治」

まるみや旅館 混浴

現在の温泉旅行にあります、
ご飯も掃除も洗濯もなにもしなくてよい贅沢な時間を過ごす。
というイメージから掛け離れているからか、どうしても敬遠されがち。

温泉ファンを自負していらっしゃるかたでも体験された方は少ないと思われます。
なんだか汚そうだし、温泉旅行に来てまで家事なんてしたく無い!!」とおっしゃる方がよくいらっしゃいます。

そんなこんなで、湯治宿も減少傾向にあります。

(旅館によっては素泊まりのプランを廃止してしまうところも多いようです。食事の儲けがない分、儲からないですもんね。)

しかし、この自炊湯治には体験したものにしかわからない。
魅力満載の本当の意味での自由で完璧なリラックスタイムが体験できる数少ない方法なのです。

ゆざえもん
「その代わり」と言いますか、「布団の上げ下げ」や備品の貸し出しなど「無駄なサービス」は一切ないと思っておいてください。基本的には「部屋をお借りする」だけです。
ふろみ
自炊湯治宿ってそういうところです。

『自炊湯治』が最高なワケ

そんな悪いイメージが多い自炊湯治ですが

皆さんが温泉旅行に期待することってなんでしょう?

  • もちろん効き目ばっちりの温泉
  • その土地の名産品を使った美味しい食事
  • 大自然を堪能できる素晴らしい景色
  • 非日常な自由と開放感

といったところですね?
実は、この全ての要素を自炊湯治は体験することができます。

旅館に食事がないんでしょ?」というツッコミがすぐに飛んでくると思いますが、まあ落ち着いて。

「自炊湯治」では何を食べるのも自由

「〇〇牛の石焼きコース」「〇〇かにに舌鼓プラン」「〇〇湾とれたて新鮮海の幸」食べ放題コース〇〇〇〇円より!!

などなど旅行のパンフレットでよく見かける食事の売りコトバです。

「湯治宿??素泊まりってことは旅館でご飯食べれないんでしょ??ヤダ!」

とおっしゃる方々に声を大にしてお聞きしたいんです。

  • そんなに何日も前から何を食べるか決めていて嫌じゃないの?
  • めちゃくちゃ料理がおいしいと感じた温泉旅館ってそんなにあります?
  • 時間が決まってて食事にしばられるのって堅苦しくない?

その点、自炊湯治宿ですと食事に関する悩みは一切なくなります。

「自炊湯治」とは言っても、別に怖い鬼が見張っていて「自分で食べる分は自分で作るのだー!!」とムチ打たれる訳ではありません。自由なだけです。
近所で外食するのも自由です。

間違いなく料理のおいしい旅館より、おしいお店を見つけるほうが簡単!!

大体の場合は出前だって取れるので一歩も外にでなくたって大丈夫です。

宿の方に、
「この辺りで魚のおいしい居酒屋さんありますか?」
「焼肉が食べたいんですけども。」

と聞いてみてください。
地元の人しか知らないとっておきのグルメ情報に出会えるかもしれません。

自炊するにしても湯治宿にはほとんどの場合、キッチンが完備されています。

空港や駅、道の駅などで購入した、その土地の名産品をさっと調理することだってできます。

部屋から出ずにカップラーメンで済ませる言葉ってできます。

さらに言えば、食べないことだって自由に選べます!!

お土産物を道中で買って、その日の夜に好きな時間に好きなだけ食べられます!!

要冷蔵だろうがなんだろうがお構いなしに買い物ができますし、お土産物屋さんだけでなく、地元の魚屋さんやお肉屋さんや八百屋さんで本当の意味でのその土地の名産を

よりおいしく、より安く手に入れることができます!!

さらには運が良ければ、新鮮な食材を乗せた移動販売車が宿まで来てくれる事もあります!!宿の方に確認しましょう!!

しかも2泊3泊と旅館のご飯食べ続けるのって飽きてきます。
自炊湯治にはその心配もありません。

ただのキッチンにとどまらず、別府温泉郷の鉄輪温泉の湯治宿では「地獄蒸し」と呼ばれる温泉の蒸気で調理できる設備まで整っています。

魚介類から野菜、お肉。もちろん温泉たまご、そして米の飯までカゴに盛り付けてそこに放り込むだけでビックリするほどおいしい蒸し料理がいただけます、

どうしても何もしたくない。一歩も外に出たくない。
というときは、自炊専門の宿もそんなにはないのですので、旅館でご飯をお願いしましょう!!

半自炊といってご飯とみそ汁だけ旅館に用意してもらえるシステムもあります。

いつ食べる、どれだけ寝るのも自由

温泉旅館に到着したとき、もしくは到着した際に「夕食をいつ食べるか」を決めなくてはなりませんよね。

みなさんは旅行中に

「6時半から夕食だから間食はガマンしよう」とか
「夕食が早かったので、夜中ハラが減ってカップラーメンを買いに行った」
「もっと寝たかったのに朝食時間に無理やり起こされた」

という経験はありませんか??

旅館に食事が付いていると必ず時間の制約ができてしまいます。

最初に申しましたように大体みんな、温泉旅行の目的は「自由な開放感」です。
睡眠や食事の時間にとらわれるのって一番自由ではないですよね?

私が湯治宿で経験したことと言えば、

  • 宿に到着後、昼寝のつもりが起きたら午後9時
  • 朝食後、湯めぐりの予定を急遽変更して二度寝
  • 一日の睡眠時間18時間
  • 夕食に出かけた焼肉屋さんがあまりにもおいしく、お店の方や他の常連さんと意気投合し、旅館の門限を破ってしまい途方にくれる。(宿に迷惑をかけないようにしましょう!

最後のは良くありませんが、とにかく自炊湯治では24時間全てが全くの自由時間です。

ふるさとや『おばあちゃんち』のような温かいおもてなし

自炊湯治ができる宿というのは大体が家族経営で、ご主人やおかみさんも旅館と同じ建物に住んでらっしゃいます。

部屋数もそんなに多くはないので、すぐにこちらの顔も覚えてくれますし、ラッキーなことにその旅館にお子様がいらっしゃった場合、庭先でキャッチボールを楽しんだりコタツでカルタ遊びを楽しむこともできます。

そこまではいかないにしても、ふたたび訪れたときに「お帰りなさい」と言ってもらえる場所があるのは本当に嬉しいもんです。

湯治場にいらっしゃる方々は本当に暖かい人ばかりです。
迷子になった時でも何度もクルマに乗せて助けてもらいました。
(なんども迷子になってるってことですね。)

すぐにみなさんお土産をくださるし、
立ち寄り入浴に行っただけでお茶とタクアンをご馳走になり2時間世間話を聞かされ楽しくさせていただき、

久しぶりに行けばみなさん笑顔で迎えてくれます。
本当に私は湯治場が大好きです

私が他人と関わるのが好きなのでこんな感じですが、一人でのんびりしたい場合は態度に出せば間違いなくそっとしてをいてくれます。
向こうもプロですからね。
その辺りも自由なのです。

「自炊湯治」はリーズナブル

湯治宿の相場は一泊3000円〜5000円程度です。

1泊2食付きの温泉旅館の約3分の1程度です。

話は戻ってしまいますが、この差額で外食すればだいぶん美味しいもの食べれますよね。

5000円で計算しても30泊で15万円です。
海外旅行の3泊くらいの料金とそんなに変わらないですよね。

海外旅行も大変貴重な経験ができるとは思いますが、
私は休日さえあれば湯治宿30泊を選びますね。

昔の人のお墨付き!もちろんお湯が良い!

忘れてならないのが、「湯治場の温泉はもちろんお湯が良い」ということです。

当たり前ですよね。
湯治場として発展しているってことは、

昔からそこの温泉を求めてたくさんの方々が療養にきていた

という証拠ですから、
湯治宿がある温泉地はまずハズレがないのです。

食事つきの高級温泉旅館に一泊しようとするときも、その近くに湯治場としての歴史があるかを調べるのは良い温泉に出会える近道になります。

初めてでも安心!オススメ「湯治場」の紹介

それでは私のオススメの湯治場をご紹介していきます。

宮城県『鳴子温泉郷』

私の一番好きな温泉郷で、自炊湯治に目覚めさせていただいた素晴らしい温泉郷です。

宮城県の大崎市にあります。
東北新幹線の古川駅から陸羽東線に乗り換えて30分ほど。
鳴子温泉」「東鳴子温泉」「川渡温泉」「中山平温泉」「鬼首温泉」からなり、鬼首温泉を除いて駅から徒歩で湯巡りを楽しめます。

びっくりすることに、温泉が本当に多彩で隣同士の旅館のお湯が全く違うということもあります。
何度行っても飽きることのないすごい温泉地です。

特に東鳴子温泉がオススメで、温泉郷の中でも特に湯治宿が多く、本当にのんびりできる最高の場所です。

鳴子温泉郷観光協会公式サイト

車の運転が必要ないので酒飲みには嬉しい温泉地でもあります。
(車があればあるで行動範囲が広がって楽しいんですけど)

\鳴子温泉の湯治についての記事はコチラ/

宮城県、東鳴子温泉のオススメ自炊湯治宿トップ2【一人旅にも】

2018.07.06

東鳴子温泉『阿部旅館』圧倒的に家庭的!食事の美味すぎる自炊湯治宿って?

2019.06.20

 

おふろどっとこむ『鳴子温泉郷』Tシャツ販売中

「鳴子温泉」「鳴子御殿湯」「川渡温泉」「中山平」
の4種類。

Tシャツの色はお好きな色を選べます。
サイズもキッズサイズから〜XXXLまで

大分県『別府温泉郷』

大分県別府市にあります日本有数の温泉郷ですね。
別府」「浜脇」「観海寺」「堀田」「明礬」「鉄輪」「柴石」「亀川」の八つの温泉地(別府八湯)からなる。

共同浴場の数がとても多く、一軒200ほどで入浴できるので温泉めぐりがとても楽しいです。

また、温泉名人スタンプラリーもあります。

別府駅からかなり便利にバスが整備されていますので、ここもクルマの運転は必要ではないです。鳴子と同じく酒飲みに特にオススメ。

特に鉄輪温泉には自炊湯治宿(ここらでは貸間旅館といいます)が多く残ってますので長期滞在は鉄輪温泉を拠点に楽しむのがベストです。

鉄輪旅館組合公式サイト

地獄蒸しの楽しさ、おいしさもぜひ味わってください!!

\鉄輪温泉のオススメ湯治宿の記事/

別府温泉郷、鉄輪温泉の自炊湯治宿 双葉荘と陽光荘【地獄蒸し可】

2018.12.30

岩手県〜秋田県『八幡平温泉郷』

秋田県と岩手県にまたがっているためか、ここからここまでが八幡平温泉郷だ!!というのは難しいようです。

玉川温泉後生掛温泉藤七温泉がオススメです。

車が必要ですが八幡平アスピーテラインのドライブの気持ちよさ、絶景ったらないです。
露天風呂が大好きな方にはたまらない温泉郷です。

またオンドルと呼ばれる岩盤浴に似た施設も多く存在します。

車だとすぐに行けるので岩手の松川温泉国見温泉や、秋田の乳頭温泉にもぜひ足を伸ばしてください。

八幡平観光協会のホームページ

あまりに山深いので、さっき書いたような外食や出前は不可能です。
食材を調達して宿に向かってください。
また、真冬は道路が閉鎖されますので行けません!!

 

 

鹿児島県『妙見温泉』、『安楽温泉』(新川渓谷温泉郷)

鹿児島県霧島市にあります。
鹿児島空港からとても近く空港からタクシーで行けるというメジャーでは無いのにアクセス抜群の珍しい温泉地です。

温泉の質は東鳴子温泉に似た、油の匂いと鉄の匂いが混じった茶色に濁ったお湯で、いかにもよく効きそうな温泉です。

温泉街にものすごく高級な旅館があったりして、立ち寄り入浴でたまにはリッチな気分に浸ることもできます。

温泉街の真ん中を流れる天降川の景色は感動的で、なんてことのない温泉街の食堂でも、この川で取れた素晴らしいをいただけます。

妙見温泉振興会のホームページ

\妙見温泉のオススメ記事です/

鹿児島空港から近い【妙見温泉のオススメ旅館】LCCで格安九州湯治

2019.06.05

興味、持ってもらえたでしょうか??

このブログを初めて一番伝えたかったこと。
湯治の素晴らしさ

やっと湯治の記事に挑戦したのですがやっぱり頭の中にあることはほとんど書けていないです。

ブログを続けていつか魅力ある文章がかけるようになればもっともっとみなさんに興味を持ってもらえるのに。

いつか、もっともっと湯治の魅力を伝えられるブログが書けるようにがんばっていこうと思っております!!

そして、湯治によってみなさんの生活が少しでも楽しくリラックスなってもらえたらいいなー!!

もしこれを読んで、湯治が気になった方は
ぜひ、ご家族、友人、恋人と。
ときには、あえて一人で!!
気楽に湯治に出かけてください!!

どうしてもまとまった時間が取れない方はこちらのページもご覧になってください!!

『自宅から通いで湯治できる!!』駅近、温泉のある銭湯【日帰り温泉】

2018.06.02
 
あわせて読みたい
 

♨️この記事をみんなにシェアしよう♨️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT♨️おっきなお風呂について

おっきなお風呂

入った温泉、銭湯は500軒以上、『インふろエンサー』の

おっきなお風呂(@okina_ofuro)と申します。

このブログでは、銭湯や温泉を通じて学校や仕事、さらには恋愛などの考えごとや悩み事は
「お湯に浸かればうまく行く」という謎の信念をもって皆さまに、
「何ごともリラックスして、常に24時間365日湯治中」のような明るく楽しいライフスタイルをおススメします。

好きな温泉郷:鳴子
すきな飲み物:ビール
特技:誤字脱字
所有資格:銭湯検定4級温泉ソムリエ

 

\♨️SNSのフォロー大歓迎♨️/