知床・羅臼温泉【熊の湯】地元民に人気の混浴?共同浴場(日帰り温泉)




北海道ってすごいですね!やっぱり。あらめて思います。

おっきなお風呂(@okina_ofuro)です。こんにちは。

 

いや。本当にすごかった。今まで登別とニセコには行ったことがあったんですが、機会があって初めて道東と言われる東部エリアの温泉巡りに挑戦しました。

今回の北海道湯めぐりのスタートとなった知床半島、羅臼町の共同浴場『熊の湯』の紹介です。

1発目から「ぬををををを!!!」と思わず唸ってしまうほどの名湯に完全にやられてしまいましたので紹介いたします。

なにせ

  • もちろん完全に源泉掛け流しの名湯
  • (ほぼ)24時間入浴可能
  • 無料から楽しめる(カンパ制)

なビックリの贅沢・絶景露天風呂です。道中の景色も最高なのでドライブやライダーさんにもオススメの秘湯感満載の温泉です。

 

すぽんさ〜♨️

知床半島|羅臼町の共同浴場『熊の湯』

知床半島にある羅臼温泉「熊の湯」は目の前が谷。絶景露天風呂です。 地元の有志が運営、管理している羅臼温泉「熊の湯」

「熊の湯」の泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(硫化水素型)源泉温度が高いので自由に加水できる形になっています。

なのでその時々によって、熱さはかなりの差があるようです。ネットを見ると熱くて入れなかった。とかいう書き込みも見たりしますが、ぼくが入ったときは43〜44℃くらいの「少し熱め」くらいで入りやすかったです。

鮮度抜群!硫黄泉の香りもバッチリの名湯は特に

  • 絶景の露天風呂が好き
  • 硫黄泉が香りがたまらない
  • ひなびた共同浴場が大好物

な温泉好きにオススメです。

 

ぼくが行ったのは10月中頃の平日15時過ぎ、夕方だというのに大勢の地元の方々で賑わっていて「地域に愛されてる」共同浴場なことがよくわかります。

お風呂
7〜8人は入れるくらいのサイズです♨️

 

7〜8人くらいは入れるサイズの絶景露天風呂

かわり映えしない画像ですいません。。。

それもそのはずで「熊の湯」は『熊の湯愛好会』という有志の方で運営・管理されているそうです。

お風呂
漁師さんはじめ、ここの温泉がないとムリ。って方が大勢いるんですね♨️

 

ホース伝いに源泉が供給排水できるようになっている

熊の湯の目の前は谷になっていて、谷底を流れる羅臼川を眺めながらの入浴は「まさに絶景露天風呂」気分も最高です。

ぼくがいった10月中旬でも紅葉が見事でした、知床半島ともなると想像以上に暗くなるのが早くて画像はうまく撮れませんでしたが。。

お風呂
お風呂からの排水は直接川へ!豪快な温泉♨️笑

 

「熊の湯」の源泉は湯船から直ぐそこ

源泉は湯船からも眺められる場所にあって、温泉の状態は鮮度抜群です。

手作り感の強い設備がまちがいない名湯の証拠ですね。

 

てづくり感が強い熊の湯の設備

\泉質別の適応症についてはコチラ/
【5分でわかる】成分別、効果がわかりやすい温泉の泉質一覧まとめ

 

入浴料はカンパ制!「熊の湯」脱衣所周りの様子

「熊の湯」入浴料はカンパ制。管理費になる。

「熊の湯」の入浴料はカンパ制となっていて、極端な話は無料での入浴も可能です。

お風呂
脱衣場にカンパ箱が設置してあります♨️

 

無料で入れると行っても有志の方で管理しているありがたい温泉に入らせてもらえるのですから、感謝の気持ちを持って少しくらいは奮発したいものです。

24時間いつでも入れるということですが、早朝に清掃時間があります。5〜7時ということでしたが実際のところはよくはわかりません。

手作り感の強い熊の湯の脱衣場

こう行った施設なので入浴マナーには細心の注意を払いましょう!ゴミなど持ち帰るくらいの気もちで!

無人の共同浴場だからこそいつも以上にマナーに気を配りましょう!

脱衣場に掲げてある熊の湯入浴十ヶ条が雰囲気たっぷりです。

お風呂
しっかりと読み込んでから入浴しましょう♨️

頑固オヤジな注意書きですが「半数以上の人が熱い!といえば水を入れても OK!」とかなんかゆるい感じでいいですよね〜。

 

\あまり景色の良い写真を取れなかったのでSNS頼り/

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「熊の湯」 #熊の湯 #羅臼 #秘湯 #道東ドライブ旅行

Kazuki(@kazuki_228)がシェアした投稿 –

 

羅臼温泉『熊の湯』へのアクセス

熊の湯へ続く羅臼川を渡る吊り橋

今回ぼくは女満別空港からレンタカーで向かいました。所要時間は約2時間半です。

お風呂
海あり山ありで飽きのこない絶景ドライブ♨️

 

女満別空港から熊の湯までの経路

国道334号を走っているとわかりやすい標識が立っています。国道沿いに無料の駐車場もありました。

 

熊の湯への案内看板

駐車場の脇にある吊橋で川を渡って坂を下ったところにひっそりと立っているのが「鶴の湯」脱衣所です。

 

光っている小屋が脱衣場

光っている小屋が脱衣場

 

女性用の脱衣場

申し遅れましたが「熊の湯」には女性専用の露天風呂・脱衣所があります。

これまで紹介してきたのは男湯、(一応混浴のようですが一部のマニア以外、女性の利用はほとんどないと思います)

お風呂
女湯側から出入りできる扉がありました♨️

 

もちろん、ぼくは女風呂のレポートはできませんのでまたもやSNS頼み。。

\女湯についてはコチラ/
>>秘湯温泉神秘の湯:熊がいるエリアの秘湯!地元の方に大人気の露天風呂

 

知床半島|羅臼町の共同浴場『熊の湯』施設情報

知床半島の羅臼温泉混浴共同浴場「熊の湯」は絶景露天風呂
住所 羅臼町湯ノ沢町
電話番号 0153-87-2126(町役場)
営業時間 24時間(早朝の清掃時間あり)
定休日 なし
料金 カンパ制(0円〜)
備考
 駐車場あり

温泉マニアさんたちのためにも分析書の画像を貼っていきます。*クリックで拡大できます

羅臼温泉「熊の湯」の温泉成分分析書1
羅臼温泉「熊の湯」の温泉成分分析書2

 

周辺には『知床岬』『オシンコシンの滝』など見どころがたくさん

知床半島の絶景スポットオシンコシンの滝

「熊の湯」までのドライブ、特に温泉以外はノーチェックでの旅立ったのですがほんと道中がずっと綺麗で大満足でした!

ドライブに関しては素人同然で、きっともっともっと美しいスポットもたくさんあるんだと思いますが、少しだけでもシェアできれば〜。

温泉ファンにはおなじみの「カムイワッカの滝」も少し寄り道をすれば立ち寄れそうだったんですが、時間的に断念。

お風呂
いまは入れる温泉も限られているようだし♨️

知床ドライブに関しては日産ドライブナビさんのページが親切に解説されていたのでリンク貼っておきます。

 

知床半島から水平線を眺める
夜の知床峠ドライブ。帰りにはシカも登場!!

帰りにはシカも登場!!

 

\この日の宿泊先の記事/
>>北海道・斜里温泉『湯元館』トラック駐車可のガテン系格安自炊湯治宿

 

おまけ『セセキ温泉』は断念

羅臼町の絶景オーシャンビュー共同浴場「セセキ温泉」の看板

夏の間しか入れないことはわかっていたのですが、羅臼町のオーシャンビューすぎる絶景共同浴場『セセキ温泉』の姿だけでも!と行ってみました。

が、10月の午後5時くらいにも関わらず「真っ暗で何が何やら」。。。無念の撤退を余儀なくされました。

お風呂
時差?なめてました。いつかリベンジを♨️
セセキ温泉があるであろう夜の海岸

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

セセキ温泉♨、 石に囲まれたところが湯船です❗ でも、満潮時には水没です🌊 #北海道ツーリング2011 #セセキ温泉 #水没温泉 #秘湯 #知床

村岡秀郎(@murasan88)がシェアした投稿 –

まとめ

北海道、知床半島の羅臼温泉『熊の湯』の紹介でした。

近くに温泉街やキャンプ場もあり、夏の間には混雑することもあるようです。

せっかくここまでの名湯でしかも混浴絶景露天風呂ですから、利用の際は「地元の方のための温泉に入らせてもらっている」意識を持ってキレイに行儀よく利用しましょうね。

お風呂
マナーの悪い人のせいで入れなくなったり、混浴ではなくなる共同浴場って結構あるんです。。

\近隣の宿泊施設/

あわせて読みたい

>>北海道幌加温泉【鹿の谷】いま最も行っておきたい自炊湯治宿

>>鹿児島空港から近い【妙見温泉のオススメ旅館】LCCで格安九州湯治

>>ふるさと納税を活用して実質2千円で草津温泉旅行に行こう

♨️すぽんさ〜





ABOUT♨️おっきなお風呂について

おっきなお風呂

入った温泉、銭湯は500軒以上、『インふろエンサー』の

おっきなお風呂(@okina_ofuro)と申します。

このブログでは、銭湯や温泉を通じて学校や仕事、さらには恋愛などの考えごとや悩み事は
「お湯に浸かればうまく行く」という謎の信念をもって皆さまに、
「何ごともリラックスして、常に24時間365日湯治中」のような明るく楽しいライフスタイルをおススメします。

好きな温泉郷:鳴子
すきな飲み物:ビール
特技:誤字脱字
所有資格:銭湯検定4級温泉ソムリエ

 

\♨️SNSのフォロー大歓迎♨️/