銭湯のえらび方 【建築】【暖簾】建物の外観を目一杯楽しもう!!

こんにちは。おっきなお風呂@okina_ofuroです。

先日、文字数が多すぎるな。と感じた銭湯の楽しみ方を、細かく詳しくご紹介していこうと思います。

しかも今、ワタクシ、新幹線の車内でブログ書いてます!!かっこいいー!!
ビールをパソコンにこぼさないようにハリキッテ参ります!!

まずはやっぱり銭湯の外観からと思うのですが、やっぱり銭湯に向かう道中からにしましょう。そうしましょう。

目指す銭湯を決めましょう

まずはひとつ、目的地になります銭湯を決める楽しみから。
大体は旅行でもそうですけども、この行程が一番楽しいところでもありますね。

みなさんが既に銭湯好きなら「仕事疲れたー!!今日は行きつけの銭湯が定休日だしどこか、行ったことのない銭湯にいこう!」とか
「この間、見つけた銭湯。あの時は時間がなくて入れなかったけどあそこに行ってみよう!」

または全然銭湯になじみがない方々だとしても「家のお風呂が壊れてしまった!!そういえば風のうわさに銭湯というお店があるらしい。」
とか
「この間、夜中に全然眠れなくてインターネットをしていたら、無闇に銭湯をススメているブログがあったな。行ってみるか!!」

きっかけは大体こんなもんだと思われます。
とにかくはスマートホンを手にとってマップのアプリケーションを開き『銭湯』と入力しましょう。

もしくはワタシは使い方がよくわかっていませんが

へい!!Siri!!」や
おっけー!!グーグル!!」に
ねぇねぇ。近くの銭湯調べてよ〜

と言ってみるととっても便利かもしれません。

ワタシはなるべく「〇〇市お風呂マップ」とか「〇〇区銭湯ガイド」のようなアナログ冊子を手に入れて行き先を決めるようにしています。
そのほうが風情があるというかなんというか。

さて、目的の銭湯は決まりましたでしょうか?

さあ出発!!最寄りの駅(道)から銭湯まで

目的の銭湯が決まったら職場や学校、自宅から出発しましょう!!

ワタシはお酒が好きなので大体は徒歩か電車で行来ますが、車で行く方もいますよね。

とにかくはきっと、普段は行かない駅や通らない道を通ると思います。
なるべくよそ見をしてください。(人や車にぶつからないように!!)

気になるお店など、できるだけ寄り道を積極的に取り入れ、お風呂上がりの楽しみになりそうなポイントを探しつつ目的地に向かいましょう。

ワタシの場合はやっぱり風呂上がりの一杯をメインに考えて、良さそうなお店はないか?とキョロキョロウロウロしながらその街の雰囲気をできるだけ感じ取るようにしています。(そのせいですごく迷子になります。)

そんなこんなしている間にきっと目的の銭湯が見えてくるはずです。
既に香っているであろう「湯気の香り」や、まきでお湯を沸かしている銭湯なら周辺はとても香ばしい匂いに包まれているはずです。

そして、耳をすませば「常連客の楽しそうな笑い声」、「お湯を流す音」、「洗面器が何かにあたる音」など音のの風情も感じてください。

湯気の香りを楽しみながら〜のれんをくぐるまで

目的の銭湯であろう建物が見えても、はやる気持ちをまずは押さえてください(決して笑顔を浮かべて、小走りにならないように!!)

煙突や屋根、外壁などその銭湯の周りの雰囲気なども含めてゆっくり観察してください。

市街地にある銭湯であれば、周りにある八百屋さんの売り声、住宅地に突如現れたような銭湯なら近所の子どもたちが縄とびとかして遊んでる景色や、なぜか猫とずっと話をしているお婆ちゃんなど、そこは既に癒やしに包まれているはずです。

次は銭湯の建物自体を眺めましょう。昔ながらの唐破風の屋根や立派な彫刻のランマがあるかもしれません。
さらにはものすごくスタイリッシュなデザイナーズな銭湯だってあります。

そして銭湯ののれんをぜひ眺めてください。
季節に合わせてあったり、銭湯の名前だけであったり、シンプルに「」とだけののれんだったりとにかくはその銭湯のセンスが詰まってあるはずです。

 

画像貼るのが下手!!(一応後から綺麗にできました)
今後の課題にさせていただきます。

さて、銭湯の外観を存分に楽しんでようやく暖簾をくぐるじかんですが、

新幹線が時刻通りに小田原駅を通過したところでございます。

やはり書いていて「きっと文章にまとまりがないだろうな」とか「全然伝わらないだろうな。」とか思いますが、
最初からそんなにうまくできるわけがないと
ひらきなおって投稿することにします。なんせそのへんも含めてのチャレンジですから。

本当にワタシ、文章がなんだかクドクド長いですね。
もっとサラッと説明せい!!」などのお叱りのコメントお待ちしております。

次回は「暖簾をくぐったところから脱衣所まで」の予定です!!
もしここまで読んでくださった方がいたなら
どうも、本当にありがとうございました。

a_id=1039239&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062&s_v=b5Rz2P0601xu&url=http%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fexec%2Fobidos%2FASIN%2F4877361006″ target=”_blank” >

♨️すぽんさ〜





ABOUTこの記事をかいた人

おっきなお風呂(@okina_ofuro)と申します。 このブログでは、銭湯や温泉を通じて学校や仕事、さらには恋愛などの考えごとや悩み事は 「お湯に浸かればうまく行く」という謎の信念をもって皆さまに、 「何ごともリラックスして、常に24時間365日湯治中」のような明るく楽しいライフスタイルをおススメします。 好きな温泉郷:鳴子 すきな飲み物:ビール 特技:誤字脱字 所有資格:銭湯検定4級、温泉ソムリエ