【温泉、銭湯ブログの作り方】ワードプレス で自由にサイト作り




自分のブログやホームページの見た目に悩んでるアナタ!!

そして、カッコいいサイトを作ってみたいと野望に満ちあふれているアナタへ!!この記事を送ります。

おっきなお風呂(@okina_ofuro)であります!!こんにちは!!

さて、ワタクシ「おっきなお風呂」は温泉・銭湯など「お風呂」に特化したブログ「おふろどっとこむ」を2018年より運営しております。

開設から1年も経っていない当ブログですが、最近は1ヶ月1万を超える閲覧数になっています。

おっきなお風呂
まっったく想像していなかったことですが♨️

そして普段、他の方の温泉巡りや銭湯巡りのブログや、小さな温泉旅館、銭湯のホームページを見ていて思うことがあるのですが

無料サービスで運営している方が多い

無料のサイトって、正直にいうと、いくらがんばっても残念ながら見た目がイマイチなことがほとんどです。

ということで今回は・・・

  • カッコいい温泉・銭湯ブログを作りたい方
  • 温泉旅館や銭湯の公式サイトを作りたい・リニューアルしたい方
  • 無料サイトか有料サイトか迷っている方

このような方へ、ぼくの温泉・銭湯ブログ運営経験を元に「サイト作成の方法」について、解説していきます。

個人経営の入浴施設の方も、高い料金を払って業者にホームページを作ってもらわなくても大丈夫です。

おっきなお風呂
なんせパソコン音痴のぼくに出来ていることですから誰にでもできるはずです♨️
ふろみ
ホントに?
すぽんさ〜♨️

温泉・銭湯サイト作成に必要なものって?


まず、ブログや公式サイトを作る際には主に4つのものが必要になります。

  1. CMS
  2. サーバー
  3. ドメイン
  4. テーマ

サイト制作をしたことがない人からすると、「ん??」となりそうですが、そう難しいものでもありません。

この4つのワードは「家」と置き換えると理解しやすいです。

  • CMS:大工さん
  • サーバー:土地
  • ドメイン:住所
  • テーマ:外装・内装

まだイマイチ分からないと思われますので、順番に解説していきますね!

CMS:世界25%のサイトは『ワードプレス』で出来ています。(無料サービスは突然使えなくなるかも)


CMSContents Management System)を簡単に言うと、「サイトの作成を助けてくれるもの」です。

家を作るときは、自分で作らず大工さんが代わりに立ててくれますよね。なぜなら一般人には作る技術がないからです。

サイトの作成も同じで、サイトを”ゼロ”から作るとなると、それなりの専門知識が必要になります。

そこでサイト作りの大工さんの役目を担うのが、「CMS」なのです。

このブログ「おふろどっとこむ」も、CMSを活用し作成しました!

そして、CMSの中でも、一番有名なのが「WordPress(ワードプレス)」。

世界中にあるサイトの25%は、WordPressで出来ているとも言われているくらい有名です。

ワードプレスの特徴は・・・

  • 初心者でも使いやすい
  • テーマ(外装・内装)が多い
  • カスタマイズ性に優れている
  • エックスサーバーと互換性が良い

などが挙げられます。

CMSは他にも「はてなブログ」などありますが、正直な感想WordPress一択」だと思います。

特に「温泉や銭湯の公式サイト」なんかを作るなら、なおさらWordPressが無難でオススメです。

おっきなお風呂
ブログの色々なカスタマイズも出来て、その部分もとっても楽しいです♨️

サーバー:『エックスサーバー』が無難です。


サイトを作ってくれる大工さん(CMS)が決まったら、次に選ぶのは土地(サーバー)です。

要するに、家(サイト)を建てるための土地を決めるということ。

このサーバーには、実際の土地とは異なり、無料と有料のものが存在します。

  • 無料サーバー:他の人とサーバーを共有
  • 有料サーバー:個別でサーバーをレンタル

こんな感じなのですが、サーバーは絶対に有料のものを使いましょう。

理由としては、無料ブログはデメリットが多すぎるからです。

  • 無料はサイト速度が遅い
  • ダウンする可能性
  • 関係のない広告を貼られる
  • 商用利用ができない場合がある
  • サイトが飛んでも文句を言えない

正直、無料サーバーのメリットは料金がかからない事くらいなので、ここではケチらずに有料サーバーをレンタルしましょう。先ほど挙げたデメリットを全部解消してくれます。

おっきなお風呂
せっかく苦労して作った思い出の湯巡りブログが全部消えた!!という悪夢を避けられます♨️

ちなみに、サーバーレンタル代は10,000/年~くらいです。

そして、このサーバーにも、様々な種類があるのですが、エックスサーバー がいちばん無難でおすすめ。

エックスサーバーの特徴は

  • サイトの表示速度が速い
  • WordPressとの互換性が良い
  • トラブルが起きにくい
  • 安定してつながる

などなど、サイトを立ち上げる土地としては十分な性能を持っているので、安心して使えますよ!

ぼくもエックスサーバーを利用してます♨️

♨️point

エックスサーバーではかなりお得な入会キャンペーンを頻繁にされていますので、期間中の入会がオススメです。

ドメイン:格安の「お名前.com」で取得するのがおすすめ


サイトを立ち上げる土地が決まったら、次は正確な住所(ドメイン)を決めていきます。

ドメインとは、簡単に言えばサイトのURLで、当ブログの場合は「https://おふろ.com」赤字の部分がドメインです。

このドメインにも、無料ドメインと有料ドメインが存在します。

  • 無料ドメイン:既存のサイトの一部
  • 有料ドメイン(独自ドメイン):自分で好きなURLを選べる

違いは単純で、「自分で決めたドメインかどうか?」と「お金がかかるかどうか」です。

無料ドメインの場合、人とドメインを一部共有することになるので、サイトとしての価値を上げにくかったり、商用利用が出来ない場合もあるので、有料ドメインにするのが無難かなと思います。

ちなみに、有料ドメインは1円~10,000円と結構幅が広いです。

有料ドメインを取る方法はいくつかありますが、ここではぼくも使ってるオススメの方法をご紹介しますね!

それがお名前.com を活用した方法です。

お名前.com の特徴としては・・・

  • 格安で独自ドメインを取得可能
  • 複数のドメインが管理しやすい

などが挙げられます。

気になる方は、公式ホームページを覗いてみてください!

♨️point

上でも書きました、エックスサーバーのキャンペーンでドメインも無料で取れることもあります!!

 

ワードプレス やサーバーの細かい設定は、ぼくの場合ジュンイチさん@Junichi_Santaのブログを参考にさせていただきました。

おっきなお風呂
動画の解説があって初心者にもわかりやすかったです♨️

また、どうしても「初期設定は無理そう。」という方はココナラ のいうサイトで初期設定をしてくれる方を探すのも手ですね。

おっきなお風呂
ブログのお引越しをしてくれる方もいらっしゃいます♨️

テーマ:ワードプレスの『テーマ』は無料か有料か?

大工さん、土地、住所が揃ったら、家(サイト)を立ち上げることが出来ます。

実際に、WordPressという名の大工さんを使って、自分のサイトを立ち上げましょう!

でも、ただ家を建てても住めません。家具や家電、空調なんかが必要になります。それに、外見だっておしゃれな外装や内装にしたいですよね!

要するに、サイトの機能性やレイアウトを変えていこう!ということ。

それを可能にするのが、「テーマ」と呼ばれるものです。WordPressにおいては、「WordPressテーマ」なんて呼んだりしますね!

そんなWordPressテーマにも、無料と有料があります。

無料でも機能性やカスタマイズ性に優れたテーマはあります。なので今回ばかりは、「絶対有料にしろ!」とは言いません。

ちなみに無料と有料の違いは、「どれだけ作りこまれているか」です。

家で例えると、こんな感じ

  • 無料:最低限のものは用意したから、あとは勝手にやって
  • 有料:すべてを用意した、安心しろ

なので、初心者の方には、有料テーマが断然おすすめ!本当に!超簡単に当ブログのようなかっこいいブログが作れます!(笑)

ふろみ
ほんとバカ

ちなみに、ぼくの使っているテーマは「ハミングバード」というテーマで、初心者の方でも簡単にサイトが作れておすすめです。

パソコンとスマホの表示切り替えや、SEO(Google等で検索されやすさ対策)もテーマが勝手にやってくれます。

有料テーマだけでも、十分にカッコ良いサイトにカスタマイズできますが、もっとこだわりたい方はこちらのサイトを参考にするといいと思います。

おっきなお風呂
コピーアンドペーストができれば大丈夫です♨️
ふろみ
ホントに??

銭湯のサイトでは、品川区大崎の金春湯のサイトがワードプレス を使って個人でとってもカッコいいサイトを作っておられます。

ふろみ
もうほんと頭痛い。でもキレイなホームページが欲しいって方にはペライチがオススメ!!

無料サイトと有料サイトを徹底比較


無料サイトと有料サイトの違いは、主に3つの要素で決まってきます。

  • サーバーが無料か有料か
  • ドメインが無料か有料か
  • テーマが無料か有料か

では、無料サイトと有料サイトどちらがいいのか?

結論を言うと、3つの要素すべてを有料にするのがいいですよ。

その理由について表で分かりやすくまとめたので、ご覧ください。

 

無料サイト

有料サイト

CMS(大工さん)

サーバー(土地)

×〇(1万円~/年)

ドメイン(住所)

×〇(900円~/年)

テーマ(外装・内装)

〇(6000円~)

サイトの作りやすさ

サイトのカスタマイズ性

×

SEO対策

×

コスト

×

さあアナタもワードプレス に挑戦して一緒に温泉・銭湯をもりあげましょう!

おっきなお風呂

こまったことがあればお気軽にコメント、メッセージください。
微力ながら相談に乗りますよ♨️

あわせて読みたい

疲れた「お風呂入るのめんどくさい」に画期的解決法【帰宅前に銭湯へ】

2018.12.23

ふるさと納税を活用して実質2千円で草津温泉旅行に行こう

2018.11.22

【独泉】温泉や銭湯で自分一人だったときの徹底ガイド

2018.06.28

♨️すぽんさ〜





ABOUT♨️おっきなお風呂について

おっきなお風呂

入った温泉、銭湯は500軒以上、『インふろエンサー』の

おっきなお風呂(@okina_ofuro)と申します。

このブログでは、銭湯や温泉を通じて学校や仕事、さらには恋愛などの考えごとや悩み事は
「お湯に浸かればうまく行く」という謎の信念をもって皆さまに、
「何ごともリラックスして、常に24時間365日湯治中」のような明るく楽しいライフスタイルをおススメします。

好きな温泉郷:鳴子
すきな飲み物:ビール
特技:誤字脱字
所有資格:銭湯検定4級温泉ソムリエ

 

\♨️SNSのフォロー大歓迎♨️/