【鶴亀の湯】宮城県気仙沼の漁師さんに温かい銭湯を復活させたい!

♨️すぽんさ〜



おっきなお風呂(@okina_ofuro)であります。こんにちは。

ぼくは、温泉や銭湯に通うのが生きがいでして、中でも年に数回の「東鳴子温泉」での湯治旅が何よりの楽しみです。

このぼくの「心のふるさと」ともいうべき宮城県の気仙沼に「漁師さんのための銭湯を建てたい!」というプロジェクトがあります。

東鳴子温泉は内陸で海が遠いのですが、定宿にも気仙沼の市場のトラックが週に1回やってくることもあり、間接的に気仙沼の漁師さんには大変お世話になっていることになります。

これは是非とも応援したい!!と早速支援をさせていただくとともに、プロジェクトの紹介記事を書くことにしました。

気仙沼の港に5月完成!トレーラーハウスの銭湯『鶴亀の湯』

 鶴亀の湯 ロゴ 
画像引用:campfire

〜気仙沼魚市場前に、漁師の銭湯&朝めし屋を復活させたい!〜

気仙沼魚市場前に、漁師さんのための銭湯を復活させます。銭湯を基に魚市場で働くひとたち、市民、観光客が交流する場をつくりたい。沖から帰ってきた漁師さんが束の間の休息を過ごせるように、気仙沼の女将たちが憩いの場を復活させます。

引用:camp-fire

ざっくり要約しますと、東日本大震災の影響で銭湯がなくなってしまった気仙沼港に「トレーラーハウスの銭湯」その名も『鶴亀の湯』を作り、漁師さんの疲れを癒したい。

というプロジェクトです。

さっきも書きましたように、ぼくは東鳴子温泉にかなりお世話になっており、その際には気仙沼で獲れた海鮮をいただくのも大きな楽しみの一つです。

また、鳴子温泉郷は三陸の漁師さんが閑散期に湯治をすることで発展してきた湯治場ですから、気仙沼港は『ぼくの恩人の恩人』に当たるわけです。

宮城県【東鳴子温泉グルメ情報】食堂千両 焼肉八兆 2軒を紹介

2018.10.26

【一人旅可】宮城県、東鳴子温泉のオススメ自炊湯治宿 トップ2 

2018.07.06
ゆざえもん
これはなんとしてでも支援せねば
そして完成したあかつきには行かねば♨️

早速ですが、鶴亀の湯の情報です。

鶴亀の湯 浴槽
画像引用:campfire

鶴亀の湯
ここにコンテンツを記載

鶴亀の湯、営業の予定地はこの辺り。

あなたも鶴亀の湯に支援してみまみませんか?

トレーラーハウスの銭湯
画像引用:camp-fire

鶴亀の湯は上の画像のようにトレーラーハウスにて営業されるそうです。

トレーラハウスということは、移動が可能でしょうから、もしかすると温泉地、例えば『鳴子温泉のお湯をためて、気仙沼に運ぶ』なんてことも可能かもしれませんね。

また、どこかで災害が起きた時には被災地にすぐさま飛んで行けるような気もします。

なんだか、すごい可能性を秘めた銭湯に思えますね。

『鶴亀の湯』のプロジェクトにはキャンプファイアーというクラウドファンディングのサービスを通じて支援できるようになっています。

 

 

このプロジェクトについて、もっとお知りになりたい方は「銭湯奥の細道」さんが内状から詳しくブログにしてくださっているので、こちらをご覧ください。

ゆざえもん
気仙沼にかつてあった、「亀の湯」さんのことなど書いてらっしゃいます♨️

 

ぼく自身、銭湯のクラウドファンディングに支援するのは2回目で、1度目に支援したお店には何度か入浴しているのですが、

ゆざえもん
この、シャワーくらいはぼくのお金でできているかも♨️

というような気持ちでなんだかウキウキしますよ。

風呂屋の未来を担う?進化形ハイパー銭湯。代々木公園BathHausレポート

2018.12.21
ゆざえもん
支援のお返しは、金額に応じて鶴亀の湯の入浴券や、気仙沼の名産品がいただけますよ♨️
ふろみ
金額は5000円〜
期間は〜5/23です!!
クラウドファンディングの返礼品 気仙沼の名産品2
画像引用:camp-fire
クラウドファンディングの返礼品 気仙沼の名産品1
画像引用:camp-fire
ふろみ
わたしホヤぼーやすき❤️

あわせて読みたい

【モチモチ】宮城県産 次世代のブランド米【だて正夢】最速レビュー

2018.10.27

話題のハイパー銭湯とは?代々木上原BathHausについて思うこと

2018.08.10

銭湯の廃業、温泉街の過疎化の原因と僕にもできる対策

2018.08.05

 

♨️すぽんさ〜





ABOUTおっきなお風呂について♨️

おっきなお風呂

入った温泉、銭湯は500軒以上、『インふろエンサー』の

おっきなお風呂(@okina_ofuro)と申します。

このブログでは、銭湯や温泉を通じて学校や仕事、さらには恋愛などの考えごとや悩み事は
「お湯に浸かればうまく行く」という謎の信念をもって皆さまに、
「何ごともリラックスして、常に24時間365日湯治中」のような明るく楽しいライフスタイルをおススメします。

好きな温泉郷:鳴子
すきな飲み物:ビール
特技:誤字脱字
所有資格:銭湯検定4級、温泉ソムリエ