【銭湯6軒を紹介】世田谷湯屋めぐりスタンプラリー制覇日記

突如、ホタテのロックンロールが聴き書くなって、ユーチューブで聴きまくっています。

おっきなお風呂(@okina_ofuro)こんにちは。

 

台風21号の影響をまともに受け、新大阪駅で一夜を過ごし、やっとの思いで東京に戻ってきましたのち、たった3日間で世田谷湯屋めぐりスタンプラリーを制覇しましたのでご報告いたします。

 

【2018年版】世田谷湯屋めぐりスタンプラリー必勝法 オススメ銭湯6

2018.07.04

 

1日目

 

 

富士見湯

 

新大阪駅で新幹線の車内にて1夜を過ごし、フラフラで早速の仕事をこなした1日の晩。

自宅にも戻らずに向かった先は三軒茶屋。

 

 

三宿エリアにあります富士見湯はヴィンテージなオーディオが置かれていたり照明がかっこよかったりせレトロモダンな少し珍しい感じの休憩所が素敵です。

 

疲れ果てた体に本当にお風呂が染み渡りました!!

 

住所世田谷区太子堂2-33-10
電話番号03-3421-0771
営業時間14:00~24:00
定休日木曜
料金大人460円
世田谷銭湯ホームページhttps://www.setagaya1010.tokyo/guide/fujimi-yu/

 

 

駒の湯

 

新幹線のシートで1夜を過ごしたために腰痛が発症していましたので、電気風呂に入りたくて、次は近くの駒の湯に行きました。

ここの電気風呂は腰にバッチリの位置なんです。

 

 

 

青山通りからすぐに位置していて、とっても立地が良いです。

 

住所世田谷区三軒茶屋2-17-13
電話番号03-3421-4513
営業時間15:30~24:00
定休日月曜(第1/第3月・火は連休)
料金大人460円
世田谷銭湯ホームページhttps://www.setagaya1010.tokyo/guide/koma-no-yu/

 

 

無事にスタンプラリーも開始いたしました!!

 

 

2日目

 

 

千代の湯

 

2日目は三軒茶屋駅から最も近いのに、煙突は見えても入り口がさっぱりどこなのか分からないことで有名千代の湯からスタートしましたよ。

 

 

ツイッターを見ても、みなさん苦労してたどり着かれている様子。

 

 

住所世田谷区三軒茶屋2-12-7
電話番号03-3410-2535
営業時間15:45~25:00
定休日金曜
料金大人460円
世田谷銭湯ホームページhttps://www.setagaya1010.tokyo/guide/chiyo-no-yu/

 

 

栄湯

 

2軒目は少し歩いて、上馬にある栄湯に行きました!!

 

 

飾り気の一切ない、銭湯を頭に思いえがいてください。と言われて頭に浮かんだままの銭湯です。

 

住所世田谷区上馬1-31-9
電話番号03-3414-7173
営業時間15:30~23:00
定休日水、土曜
料金大人460円
世田谷銭湯ホームページhttps://www.setagaya1010.tokyo/guide/kamiuma-sakae-yu/

 

 

鶴の湯

 

2日目最後の一軒はワタクシの東京のホーム銭湯である豪徳寺 鶴の湯です。

暖簾をくぐった瞬間「お帰りなさい!!」のうれしい声で迎えてくれました。

 

お風呂上がりには、若女将さんと災害ばなしでついつい盛り上がってしまいました。

 

住所世田谷区豪徳寺1-23-20
電話番号03-3426-2360
営業時間15:00~24:00
定休日水曜、第2火曜日(第2週は火〜水連休)
料金大人460円
世田谷銭湯ホームページhttp://www003.upp.so-net.ne.jp/turunoyu/

 

 

やはりかなりTシャツが品薄なこともわかりました。

 

 

 

3日目

 

 

 

北沢湯

 

 

世田谷湯屋めぐりは6軒の銭湯のスタンプを集めるとTシャツがもらえます。

 

最後の1件目に8月30日に改築工事が終わったばかりの北沢湯にしました!

 

https://twitter.com/buri_daicon026/status/1035648098108825601

スタンプラリーが始まって一週間くらいしか営業されていないのでTシャツが品切れになってることはないからです。

ゆざえもん
初めて行くので、銭湯お遍路のスタンプもたまるし!!

はやる気持ちをおさえながら「スタンプたまりました!!」と申告しましたらば

 

「もうないよー!!」(即答)

 

え?

 

 

住所世田谷区上北沢4-10-11
電話番号03-3302-5265
営業時間15:30~23:30
定休日水曜 (祝日の場合は翌日休)
料金大人460円
世田谷銭湯ホームページhttps://www.setagaya1010.tokyo/guide/kitazawa-yu/

 

 

ふたたび鶴の湯へ

 

 

完全に魂を抜かれてしまったぼくが向かったのは、ホームの鶴の湯でした。

おさえられない気持ちを誰かにきいてもらいたかったんですね。

 

ゆざえもん
Tシャツなかったんですよ〜

 

鶴の湯
今年から、システムが変わったからうちの持っていていいよ〜

 

ゆざえもん
わーい!!いいんですかー?!

 

鶴の湯で残っているのは赤のLサイズですが、仕方ありませんのでLをもらって帰ろうとしたとき

鶴の湯の若女将さんが

 

鶴の湯
あー!Mがあったー!!

 

ゆざえもん
バンザーイ!!!!

 

 

 

まったくもってドラマチックな世田谷湯屋めぐりスタンプラリーでございました。

♨️すぽんさ〜





ABOUTこの記事をかいた人

おっきなお風呂(@okina_ofuro)と申します。 このブログでは、銭湯や温泉を通じて学校や仕事、さらには恋愛などの考えごとや悩み事は 「お湯に浸かればうまく行く」という謎の信念をもって皆さまに、 「何ごともリラックスして、常に24時間365日湯治中」のような明るく楽しいライフスタイルをおススメします。 好きな温泉郷:鳴子 すきな飲み物:ビール 特技:誤字脱字 所有資格:銭湯検定4級、温泉ソムリエ