詩人『おっきなお風呂』先生 誕生秘話

♨️すぽんさ〜



こんにちは、おっきなお風呂(@okina_ofuro)です

人生何があるかわかりませんね

 

そして

 

 

 

なんとなんと!!おっきなお風呂!!

 

 

詩人デビュー!!

 

 

 

び、び、びっくりでしょ?

ぼくはびっくりです。

web読物「kaen」(@kaen_info )

に自作の詩を掲載していただきました!!

 

 

では本編にうつりましょ

いつもふざけてるでしょ?どうしてマジに?

 

と思うでしょ?
ぼくも最初はふざけようと思ってたんですよ。

 

そもそものきっかけは、ボケーっとツイッターを眺めてたら目にはいって来たツイートが

 

あ!なんか楽しそう!!
いつものノリで「アホな入浴法」でも送ってみようかな!!

と、kaen6月号の「煙草」を読んでみると

 

みなさん、まあキレイな文章!!

 

これはいかん!!こんなとこにいつものノリで突っ込んで行っても全く意味なーし!!!

 

 

あーだこーだ考えてるうちに銭湯がオープンする時間になっていたので。

「よし!!お風呂に入って考えよう!!」とあいなりました。

 

 

 

お湯に浸かって出た結論

 

 

お風呂につかって考えを巡らせました。

 

  • 何か送ってみたいけど、何が良い?
  • 俳句や短歌をキレイにかけるほどセンスもボキャブラリーもない
  • 国語はいたって苦手だ
  • エッセイやレビューもさっき読んだ人たちのようなプロな文章はかけない
  • そもそも読書の習慣が、「谷川俊太郎の詩」と「週刊SPA」しかない
  • SPAの読者経験を出しても選考に落ちるだけだろう
  • では、谷川風の詩にましょう!(あくまで風です。きっと文学とかに詳しい方が読んだらメチャクチャに違いないです。ごめんなさい!!)
  • とにかく今はチャレンジするのだ!!
  • 送ってもきっと選考で落ちるでしょ!!
  • 落ちたらそのことをブログに書きましょう!!

 

 

と考えた結果、「」を書くことにしましたよ。

 

 

内容もおおかた、お湯の中で考えました。

 

 

 

初めての詩 そして採用!

 

 

さてさて、いつもの「おふざけモード」は一旦銭湯に忘れて
いざ「詩人モード」でカキカキしました。

 

で〜〜〜〜きた!!

 

ではもう一度

 

 

 

早速、kaenさんにメールで送りました。

 

 

まあ載せてもらえることは無いだろうし、さっき銭湯においてきた「ふざけモード」取りに行こー!!

ともう一回銭湯に行きました。

 

 

そして風呂上がりのビールを楽しんで楽しんでいるところに「kaen」から返信もメールが。

 

「はやっ。ほら落ちたよー。」とメールを開いてみると

 

「掲載いたします」

 

 

え?

 

目を疑いましたが、晴れて「詩人おっきなお風呂」が誕生したのでございます。

 

担当者さんは、ぼくが普段こんなにふざけたこと書いてるって知らないでしょうね。
すいません。

【銭湯・温泉旅行】シャンプーを使った、お風呂での鉄板イタズラ

2018.07.23

【家計節約術】風呂無しアパートでのレトロ生活で1年間で50万円貯めた話

2018.07.18

【独泉】温泉や銭湯で自分一人だったときの徹底ガイド

2018.06.28
ぼく
知ってたら載せてもらえないですね

 

kaenを読むには

 

 

今回、おふろどっとこむでも読めるようにしましたが

本当はぜひkaenのキレイなフォントの縦書きの方で読んでいただきたいと思います。

ぼく
ぼくの詩もちょっとかしこそうに見えます

 

 

 

何よりも、僕以外の方々の素晴らしい作品も読めますよ!!

 

♨️すぽんさ〜





シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTおっきなお風呂について♨️

入った温泉、銭湯は500軒以上、『インふろエンサー』の

おっきなお風呂(@okina_ofuro)と申します。

このブログでは、銭湯や温泉を通じて学校や仕事、さらには恋愛などの考えごとや悩み事は
「お湯に浸かればうまく行く」という謎の信念をもって皆さまに、
「何ごともリラックスして、常に24時間365日湯治中」のような明るく楽しいライフスタイルをおススメします。

好きな温泉郷:鳴子
すきな飲み物:ビール
特技:誤字脱字
所有資格:銭湯検定4級、温泉ソムリエ