【ギネス認定】世界一辛い激辛一味唐辛子【大魔王】体験記

全くお風呂に関係ない記事にもどんどん積極的に挑戦したいと日々考えております。
こんにちは!おっきなお風呂@okina_ofuroです!

では早速、お風呂と関係ない記事一気ます。
物凄い激辛一味唐辛子を発見いたしました。

 

かねてより「辛党」を自負しております私なのですが、偶然に職場近くの博多うどん専門店で昼食を食べましたところ、傍に置いてありました唐辛子が感動的に素晴らしく

そのお店で小売もされてましたので、早速買って帰り様々な料理に試したところ、やっぱり素晴らしいのでレビュー記事を書こうと思いついた次第であります。

 

辛蔵 大魔王

 

もったいぶりましたが、北九州にあります激辛唐辛子専門メーカー「辛蔵さんが満を辞して世の中に送り出した、辛党必携の一味唐辛子「大魔王(原材料名キャロライナリーパー)」がその商品です。

この商品の発売までは「(原材料名トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー)」という唐辛子が最辛の座を守っていたのですが、その「」を軽く凌駕してしまう辛さと「おいしさ」

 

ぜひぜひ、辛いもの好きの皆さんに体験していただきたい一品です。

Carolina Reaper キャロライナリーパーとは?

現時点で一番辛いと言われております唐辛子「キャロライナリーパー

辛さをインターネットで調べましたら

メキシコの「ハラペーニョ」の250倍の辛さ
かつて世界一の辛さだといわれた「ハバネロ」の5倍

だそうです。

 

今でも辛さ売りにしている商品が「使用してますよ!!」
とパッケージに掲げている唐辛子を子どものようにあしらうほどの辛さです。

 

どのくらい辛いかといいますと

僕は普段から「辛いものが好き」で、タバスコでしたら何滴かけても平気です。
だいたいのカレー屋さんやラーメン屋さんでも、一番辛いランクで出してもらい、それでもコショーや唐辛子をバサバサと足すような辛党であります。

ですがこの「大魔王」は、どんな料理でもほんのひとふりで十分。
少しかけ過ぎてしまうとギブアップしてしまうほどの辛さです。

今、この記事を書いているだけでも「頭や顔から汗が吹き出てくる」ほどです。

普段から辛いものが苦手なかたは、絶対に手を出さないでくださいね!!
一日棒に振ります!!

 

辛いのに素材の味を引き出す!!

 

この大魔王の最も凄いところは、「激辛だけれども、元々の料理の味を損ねない。むしろ味を引き立ててくれる。」ところにあります。

 

辛党におなじみの「デスソース」ですが、何にかけても「デスソースの味」しかしなくなってしまうんですよね。
(これはこれで否定はしませんけど。)

 

その点「大魔王」をはじめとする辛蔵の唐辛子は、余分な酸っぱさなどは一切なく、素材の邪魔をしないどころか「唐辛子単体としてもおいしい」んですね。

 

 

さてさて。

 

という具合に、今回オススメさせていただいたのは「大魔王」ですが、辛蔵では様々な辛さランクの唐辛子を製造しておられます。

ぜひ、自分にあった辛さの「マイフェバリットトウガラシ(邦題:ワタシのお気に入り」を発見してください!!

 

辛蔵公式ホームページ

 

そして、たくさん汗をかいた後は、

銭湯や温泉で汗を流しに行きましょうね!!

♨️すぽんさ〜





2 件のコメント

  • デスソースの件は同感です 私もサドンデスソース常備してますが
    言われてみればかけ過ぎると肝心な素材の旨味が損なわれますね!

    確かに以前頂戴した蠍モルガは逆に素材を引き立てる効果あります
    大魔王も是非試してみたいと思います♪
    私も貴方同様幾ら辛くともOKな口ですから(笑)

    ただ最近は歳のせいか激辛のラーメンは食べられません
    辛いのは全然平気なのですが 激辛のラーメンって大抵すごく脂っこい!
    この脂が強敵なのですよ~ あっさりの激辛なら良いのですが

    また私 実は甘辛両刀なのです COCO壱のカレーで例えれば
    10辛も5甘もその日の気分で両方いけます(笑)

    • まるみや旅館のご主人!!

      コメントありがとうございます!!
      先日、東鳴子に行ってきましたよ〜!!

      まるみや旅館の前に立って、物思いにふけったりもしました。。。

      ぼくはご主人と逆で最近カレーが胃もたれするんですよね〜〜。。。
      人によって違うんですね!!

      また湯治宿や温泉に関してもコメントいただければ嬉しいです!!

      では、またどこかの湯治宿で!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    おっきなお風呂(@okina_ofuro)と申します。 このブログでは、銭湯や温泉を通じて学校や仕事、さらには恋愛などの考えごとや悩み事は 「お湯に浸かればうまく行く」という謎の信念をもって皆さまに、 「何ごともリラックスして、常に24時間365日湯治中」のような明るく楽しいライフスタイルをおススメします。 好きな温泉郷:鳴子 すきな飲み物:ビール 特技:誤字脱字 所有資格:銭湯検定4級、温泉ソムリエ